ケース02 疲労回復のために

当時、5歳くらい。
ボーダーコリーの男の子。

アジリティー大会で、
常にTOPの成績をキープしている。

全国をまわっているんだそう。

何を聞いて来院されたのかは不明だったが、
疲れると、バランスの悪い歩き方になる、
レーザー鍼で疲労回復を計りたいとのこと。

犬の鍼灸治療
*内容と画像の犬は関係がございません

主な鍼灸治療の内容&期間

鍼灸治療内容:
レーザー鍼

期間:
週1または、大会の前後、半年程度

回想記録

年代が不明ですが、まだ本来の鍼灸治療は、
おこなっていない時期でした。

アロマセラピーも取り入れた頃だったので、
1999年頃だっだでしょうか。

 

とにかく神経質で、氣が荒い男の子で、
ペットオーナーさん家族の中のお父さんがいないと、
怒って触れない。

施術の時は、お父さんが頭を軽く押さえ、
尾の側から、レーザー鍼を全身に。

 

今から思うと、

膀胱経の背中の部分、後肢全体(外側・陽側)、
肩周り、前肢のツボ(曲池)

に、レーザーを当てていたと思います。

15分程度のレーザー鍼を週に1回定期的に。
さらに大会前後に。
大体、毎週大会なので、週1〜2になるのですが。


レーザー鍼を続けていると、
とにかく、綺麗に走れるようになり、
疲れ方が全然違うとのこと。

大会で優勝を続けるのには、
年齢や体力のリミットがあるので、
なるべく不調なく過ごさせたいとのことでした。


いつごろからか、来院されなくなったので、
引退したのか、別な療法に変更されたのかは、
わかりません。

ペットオーナーさんの氣持ち

大会にすべてをかけていたようで、
信頼する自慢のパートーナーとして
ご自分の身体の一部のように、
大事にされていました。

なので、取り扱い注意。。。でもありましたが。

少しの不調も見逃さないほど、
よく観察していらっしゃいました。

わんちゃんも、その期待に応えたいのだと思いました。
素晴らしい絆がありました。

治療を終えて

このころのレーザー鍼の治療費は、1500円/1回程度。
これに、診察代がプラスされます。

大会に全てをかけているご家庭でしたので、
食事、サプリなどと比べたら、そんなに高額ではなかったかと。


怪我や病氣ではないのに、
動物病院で、ケアを受ける初めてのケースとなりました。


今であれば、
わんちゃんが神経質であったこともあり、
おうちでペットオーナーさんによる
ローラー鍼の施術がおすすめのケースです。


そのころは知識がなかったのですが、
こうしてまとめていると、
下記のことに気付きます。

五行でみると

怒りやすいタイプ
=かなりのストレスあり
(当然ですね、期待されているし)

⇒肝が弱りやすい

さらに、肝が弱りやすいと、

心(精神面のバランスを崩す)
脾(消化器系のバランスを崩す)

可能性大です。

そういえば、お腹を壊しやすいとおっしゃっていたような。

その頃、知識があれば、
それも含めケアをしてあげられた、
ペットオーナーさんのお役に立てたなと思います。

経験と大きな発見をありがとうございます。

*お断り
たまに誤解されるケースがございますので。
現在、私は動物に対して、鍼灸施術を行なう活動はしておりません。

☆おうちでできる犬の鍼灸治療☆ 

☆ペットも人も東洋医学で元気に・イベントのお知らせ☆ 

11月11日(日)
浦安わんにゃんマルシェ 

11月23日(金)
油壺マリンパーク
『きずな深まる愛犬フェスタ』

お問い合わせ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です