東洋医学がペットを救う

こんな本に出会いました。

東洋医学がペットを救う  坂本徹也著

65万頭の犬猫の命を救うシリーズ第8弾だそう。
古本しかなく、たかーいのは5000円くらいしたかな。
すごいね。
届いたばかりなので、これから読みます。
が、最後の方に、本に関係した方々が記載されています。
・人間のお医者さん
・獣医さん
・その他のみなさま
でさ、鍼灸師って1人もいませんでした。
東洋医学語れないのかな、鍼灸師。
使えねーって思われてるのかな、鍼灸師。
でもさ、鍼灸師って、鍼灸治療の現場の人たちだよね。
ちょっとくらい話し聞いてもいいんじゃない?
アロマ、ホメオパシーとかあるならさ。
各方面の専門家のさ、意見ってありだよね。
というのが、第1印象だったりしました。
ですが、たしかに「東洋医学がペットを救う」と思いますよ。
ペットだけじゃなく。
西洋医学とも仲良く付き合えるものだと。

(一社)ペット鍼灸セラピー協会代表理事
鍼灸師

1989年より、動物病院にて獣医療に従事。2006年鍼灸師の国家資格取得後、ペットの鍼灸治療の研究を開始。臨床の中で、ペットにとって、ペットオーナーさんが、治療家の一番手でなくてはならないことを痛感。2015年7月一般社団法人ペット鍼灸セラピー協会を設立。獣医師、ペットオーナー指導、ペット鍼灸セラピスト、講師を育成を開始。
ペットへの東洋医学でのセラピーを通して、オーナーさんの心も共にハッピーにすることを目的に活動しています。人、動物などの境なく、感謝、愛、思いやりの心を芽生えさせるきっかけを作り、平和な世界を築く1人でありたいと思います。

愛犬のための鍼灸セラピーオンラインスクール

施術の練習をする度に、愛犬が元氣になる。
さまざまな症状に対する東洋医学での施術が学べるオンラインスクールです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください