犬の鍼灸治療 鍼通電(パルス)

我が家のワンコのかかりつけの動物病院で、
〜獣医師に鍼灸治療をご指導させて頂いたことがあります〜

今回は、鍼通電をしたいとの事で、
ご指導しながら、鍼灸治療に同席させてもらいました。

 

ケース03鍼通電


12歳のフラットコーテッドレトリバーの女の子

N ちゃん

症状

前肢の不調から始まり、

右後肢のナックリングに。

・歩けない
・右後肢冷たい
・肩から上背部、腰硬い
(肝機能悪いとのこと)

 

数日前に、初めて相談を受けその日の状態は、

・目がどんより
(犬種特有の眼瞼下垂あり)
・オムツをしていた
(尿もれよりマナーとしてのオムツかもしれない)

顔をあげて挨拶をしてくれたが、
なんだか悲しそうな印象を受けました。

 

その後、動物病院では、
鍼灸治療をつづけていたので、

鍼通電の当日は、
優しい顔つきに変わっていて、

本当に鍼はいいですね。

 

施術

まず、背部の硬さをとり、
血流改善のため、

肝兪あたりから、
膀胱経ラインに硬結

をさがし、
刺鍼し、通電。

その間に、
・大椎
・曲池
・肩甲骨周り
に刺鍼。

その後、右後肢に4点刺鍼をし、通電。

 

背部に通電しているころから、
リラックスし、ウトウト。

こんなに気持ちいいの?

と獣医師もビックリ。


終わった時のお顔

黒い子は、わかりにくいですね・・・

通電後、疲れた様子はないので、
この刺激で数回、続けてもらいます。

実は、当初は、画像のような姿勢で、
身体を支えることも辛かったよう。

鍼灸治療でここまで変わり、
ペットオーナーさんも、嬉しそうとのお話でした。

ちなみに、Nちゃんは、レスキュー犬のリタイア犬だそう。

疲れをゆっくり癒して欲しいですね。

 

鍼通電について

・血行不良の改善
・コリの改善
・慢性的な痛みの緩和

リハビリ、スポーツ後によく使われています。

筋肉への刺激だけではなく、
経絡への刺激を目的とすることもあります。

刺激により、リラックス効果も得られます。

今回使用した機器はこちら

からだはうすより、画像をお借りしました。
・ラスパーエース

 

東洋医学的ドッグヒーリング 初めの一歩メールレッスン

鍼やお灸がなくても、すぐできるシンプルで東洋医学的なドッグヒーリング。
まずは、無料メールレッスンでお試しください。

犬の鍼灸治療 鍼通電(パルス)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください