1989年から2013年まで、動物病院を経営して、
さまざまな業務を行なってきました。

2006年に鍼灸師の資格を取得する数年前から、
動物病院では、レーザー、お灸を導入しており、
手伝いながら、研究をする事ができました。

時系列は、ばらつきますが、
思い出せる限り、記録を残したいと思います。

*お断り
たまに誤解されるケースがございますので。
現在、動物に対して、鍼灸施術を行なう活動はしておりません。

*11/4 追記のため、更新

 

かおり
かおり

こんにちは、ペットの鍼灸師さん かおり です
私が研究してきた犬の鍼灸治療のお話をしていきますね

しば
ちび

1番はじめは、わたしだねっ
わたしは、左手が動かなくなっちゃったんだ

 

ケース01 前肢麻痺

当時、2歳。
柴犬の女の子。
ちびちゃん。

家族とドライブ中に、窓から飛び出し、
宙づりになる。

命に別状はなかったものの、
頸椎を傷めたせいか、
左前肢が麻痺となった。

犬の鍼灸治療
*内容と画像の犬は関係がございません

 

主な鍼灸治療の内容&期間と予後

鍼灸治療内容:
レーザー鍼

期間:
2年以上、3本足での生活に慣れたようで、
ペットオーナーさんの希望により、治療終了。

予後:
当初は、完全に手首をまげ、
前肢はあげているか、手首をついているかの状態。

終了時点では、拘縮はなく指先をついて、
少し支えるようになった。

が、当初からの見込み通り、

満足のいく(戻る)結果には至らず

ペットオーナーさんが、
(もともと同意)諦める形となりました。

 

回想

当時(1991年頃)は
まだ本来の鍼灸治療を
おこなっていませんでした。

レーザー鍼を導入したばかりの時。


頸椎の損傷からの左前肢の麻痺

もう戻らないだろうと言う事で、
外科的な治療はしないことになりました。

 

痛みはなく、何かしらの改善に期待をし、
レーザー鍼の治療を選択。

今から思うと、

・膀胱経
・小腸経
・大腸経

の経絡上に、
レーザーを当てていたと思います。


数ヶ月間、毎日、ご家族で交代で通院。

15分程度のレーザー鍼だけ当て、
全体の状態をみて終了というスタイルでした。

 

手首で身体を支えるので、
こすれて血がでることもしばしば、

それでも、健康状態はよく、
(結果、長生きでした)
包帯を巻きながら、

ぴょこぴょこ歩きながら、
お散歩をする姿を見かけました。


途中から、目に見えた変化はないということで、

間隔をあけ、ついに諦める形でしたが、
これについての治療は終了となりました。

犬の鍼灸治療

このケース、おうちでできる鍼灸は??


・ローラー鍼

→血流が悪くなった部分の氣血を整え、筋肉や関節の拘縮を防ぐ
 反対の前肢、腰の負担を軽減
 お灸でもよい

・麻痺側の爪をつまむ

→爪の根元にある井穴(せいけつ)を刺激し、自律神経、運動神経を整える

 

ペットオーナーさんの氣持ち

毎日のようにお会いするし、
ご近所さんでもありましたので、
会話は多岐に渡りました。

当初は、事故に遭わせてしまったという罪悪感から、

あの時・・・

と後悔をされていました。

当然、慰める言葉は見つからず、
ただちびちゃんを撫でながら、
一緒にいてあげるだけでした。

そのうち、落ち着かれたようで、
施術中に冗談を言ったりできるように。

ただ、ちびちゃんの前肢をみると・・・
お辛かったと思います。

治療を終えて

当時のレーザー鍼の治療費は、1500円/1回程度。

当時はバブル期がそろそろ・・・な時期でしたが、
業種により、まだ持ちこたえられる方もいらして、
オーナーさんは、そういうご職業だったかと記憶しています。

ただ、長期間でしたので、これでも負担は大きかったかと思います。

どうしようも出来ない状況に、
何かにすがって、一生懸命、通院される姿が印象的でした。

ちびちゃんは、怖がるというより、

動物病院をいやがり、
よく帰りたがり
ました。

機嫌が悪いと吠えられたり。

毎日の通院は、ワンちゃんにも負担なのだと思いました。

結果の善し悪しは、
だれの基準でも評価するものではなく、

でも、レーザー鍼をしなかったら、
麻痺した前足は、やせ細り、
関節が固まっていたかもしれません。

関節が固まっていると、
血流も悪くなり、
そして、さらに痛々しくみえます。

 

この経験をみなさんにお伝えできることに、
ちびちゃんが協力してくれたこと、
有り難く思います。

 

まとめ

・鍼灸治療でも、神経の損傷の治癒は難しい

・毎日、通院できない場合は、おうちでの施術が必要
 ローラー鍼、お灸、爪をつまむ

・毎日の通院は、時間、体力、気力、金銭面で負担

・もちろん、毎日通院は、ペットも負担

 

かおり
かおり

麻痺でお悩みのペットオーナーさんは、少なくありません。
治癒が難しいからこそ、ペットオーナーさんが積極的に関わって欲しいのです。
副作用が少ない鍼灸はオススメですよ!

☆オススメ!おうちでできる愛犬の鍼灸セラピー☆ 

いつでも・どこでも学べる愛犬のための鍼灸セラピーオンラインスクール

ローラー鍼、てい鍼、お灸での施術を学び、東洋医学で、愛犬の体調管理ができるようになります

☆ペットも人も東洋医学で元気に・イベントのお知らせ☆ 

 

11月11日(日)浦安わんにゃんマルシェ 

詳細サイト

11月18日(日)癒しフェア2018 in Nagoya

講座・ワークお申込み

11月23日(金)油壺マリンパーク 『きずな深まる愛犬フェスタ』

12月15日(土)にゃんこまつり ハウスクエア横浜

イベントのお問い合わせ mail@pet89.jp 

(一社)ペット鍼灸セラピー協会代表理事
鍼灸師

1989年より、動物病院にて獣医療に従事。2006年鍼灸師の国家資格取得後、ペットの鍼灸治療の研究を開始。臨床の中で、ペットにとって、ペットオーナーさんが、治療家の一番手でなくてはならないことを痛感。2015年7月一般社団法人ペット鍼灸セラピー協会を設立。獣医師、ペットオーナー指導、ペット鍼灸セラピスト、講師を育成を開始。人、動物などの境なく、鍼灸を通して、感謝、愛、思いやりの心を芽生えさせるきっかけを作り、平和な世界を築く1人でありたいと思います。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+