犬の鍼灸治療 回想録06 消化器系の不調に鍼灸

かおり
かおり

鍼灸院では普通にあることだけど、
動物病院では、貴重な鍼灸治療の話

ケース06 お腹が悪いから、鍼灸治療でなんとかしてください

と言われました。
プードルの男の子。

 

鍼灸院(人の)では、そんなに驚く話じゃないですが、
動物病院に来て、鍼灸でお腹の調子を整えてくれというのは、初めてでした。

かおり
かおり

いや、実はかなり嬉しかったの。
こんな臨床もできるなんて。

理由は、ペットオーナーさんは内科医で、鍼灸もやるとのこと。

西洋医学をよく知っていらっしゃるからこそ、
東洋医学の優しい治療を、愛犬に求めているそうでした。

プードル君は、トイにしては少し大きめの骨格でしたが、
とても怖がりで、大人しい子でした。

 

治療

その頃は、鍼治療の前に、お決まりのレーザー鍼の施術があり、

①膀胱経のいくつかのツボ、足三里、曲池、合谷にレーザー鍼

②鍼
腎兪、脾兪、尾根

③お灸
腰から背中にかけて、足三里に棒灸

この1回の施術で、症状は治まりました。

このケース、おうちでできる鍼灸は??

もちろん温灸。お腹の不調には、
温めて陽の氣を活性化させ冷えを取りましょう。
腰、お腹を温めます。
温パックもおススメです。

東洋医学が身近になるメールマガジン

痛みの緩和、冷えの解消、心と身体のバランスケア
そして、病氣の予防まで。
ここ最近、注目されている東洋医学、鍼やお灸がとても身近に感じられるヒントやお話を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください