かおり

顔面麻痺に鍼は効いたのです
悩みましたけど

 

ケース07 顔面麻痺


当時、8歳くらい。
キャバリアの女の子。

顔面麻痺は、鍼でなんとかならないか???
他院からの紹介でした。

他にも、膀胱炎を併発。
なかなかしつこい膀胱炎で、長い間薬を飲んでいました。

 

主な鍼灸治療の内容&期間


鍼灸治療内容:
レーザー鍼 身体全体
身体の鍼 腎兪、関元兪、脾兪
顔の鍼
腰にお灸

期間:
週1〜2 3か月程度

 

回想

身体は冷えて、全体的に動きが悪く、覇気がない感じでした。

初めてのケースだったので、悩んだ挙げ句、

その頃、話題になりつつある美容鍼を習いに行っていたので、

どうかな。。。と思いやってみることになりました。

施術が終わると、表情が明るくなる印象がありました。


当初から、氣になっていた背骨の真ん中に、大きなくぼみがあったのですが、

何回かの施術後、それがなくなり、(腰が上がってきたのではないかと)

そのころから、顔面の変化に氣付くようになり、

さらに、うれしそうに尾を振ってくれるようになり、

全体的に元氣になりました。

それからしばらくして、鍼灸治療は終了となりました。

 

治療を終えて

とにかく美容鍼習っていてよかった!

この手技、ちょっと痛いのですが、顔面麻痺だと痛みも感じないので、しっかり鍼を打てたこともよかったと思います。

原因不明の顔面麻痺の場合、顔だけではなく、身体全体を整えることが大事です。

そして、長い期間、通院されていると、ペットオーナーさんと良くお話をするようになります。

大概は、たわいのない話をしますが、たまにわんちゃんのことで、心も身体も疲れていると感じました。

子を治すときは、母親を先に治療すると治りがよいと言いますが、

ペットオーナーさんを母親と見立てると、それも当てはまると思えます。

先に、または一緒に癒しが必要ですよね。

この経験は、この後、顔面麻痺を、ペットオーナーさんがおうちで施術をできるようにした手技の元になりました。
この話は、また後日。

 

かおり
かおり

そういえば、ペットオーナーさんはとてもきれいな方で、
わんちゃんにしていた美容鍼を受けたーいとよく話していらっしゃいましたー

 

 

 

 

☆オススメ!おうちでできる愛犬の鍼灸セラピー☆ 

いつでも・どこでも学べる愛犬のための鍼灸セラピーオンラインスクール

ローラー鍼、てい鍼、お灸での施術を学び、東洋医学で、愛犬の体調管理ができるようになります

☆ペットも人も東洋医学で元気に・イベントのお知らせ☆ 

12月15日(土)にゃんこまつり ハウスクエア横浜

イベントのお問い合わせ mail@pet89.jp 

(一社)ペット鍼灸セラピー協会代表理事
鍼灸師

1989年より、動物病院にて獣医療に従事。2006年鍼灸師の国家資格取得後、ペットの鍼灸治療の研究を開始。臨床の中で、ペットにとって、ペットオーナーさんが、治療家の一番手でなくてはならないことを痛感。2015年7月一般社団法人ペット鍼灸セラピー協会を設立。獣医師、ペットオーナー指導、ペット鍼灸セラピスト、講師を育成を開始。人、動物などの境なく、鍼灸を通して、感謝、愛、思いやりの心を芽生えさせるきっかけを作り、平和な世界を築く1人でありたいと思います。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+