猫の鍼灸治療 罪悪感と鍼灸 ケース08 

かおり
かおり

ちょっと厳しいタイトルになっちゃったな

 

ケース08 罪悪感と鍼灸


詳しいいきさつを話したがらない方でした。

・愛犬が、散歩中に、子猫を咬み、このようになってしまった

・治らないこともわかっているけど、治るかもしれない

・でも、数回しか通えない(料金のこと)ので、治らないなら、やめたい

・心が痛む

 

はぁ・・・どうしたらいいでしょうか?

 

 

主な鍼灸治療の内容

鍼灸治療内容:
レーザー鍼、鍼、お灸

 

回想

2013年9月
見るからに悲しい姿でした。

カラスにつつかれ(保護された方の推測)、
脊髄が切断され、後肢麻痺になった子猫に鍼灸治療をした経験がありましたが、

もちろん、麻痺は変化なく、でも、とても元気だったので、
そんな風になってくれないかなと、
思いつく施術をしてみました。

背骨に添って、鍼をうち、
また頭鍼は、麻痺に効くという症例もありましたので、頭に鍼を。

でも、ほとんど反応することなく、家ではミルクを少し飲むくらいだそう。

とても残念でした。

救われたのは、がんばって生きてくれていたので、
数回の鍼灸治療の後は、介護をすると約束をしてくれたこと。

大事にされたと信じています。

介護にもぜひおうちで鍼灸を!

回復の望みが薄い、お金をかけられない、でも、何かしてあげたい

のであれば、おうちでローラー鍼、てい鍼、温灸をしてあげてください。

刺激は脳を活性化させ、温かさは、氣血を動かし、癒しを与える事ができます。

何よりも、愛しいわんちゃん、ねこちゃんに関わってあげることで、オーナーさん自身が救われます。

(一社)ペット鍼灸セラピー協会代表理事
鍼灸師

1989年より、動物病院にて獣医療に従事。2006年鍼灸師の国家資格取得後、ペットの鍼灸治療の研究を開始。臨床の中で、ペットにとって、ペットオーナーさんが、治療家の一番手でなくてはならないことを痛感。2015年7月一般社団法人ペット鍼灸セラピー協会を設立。獣医師、ペットオーナー指導、ペット鍼灸セラピスト、講師を育成を開始。
ペットへの東洋医学でのセラピーを通して、オーナーさんの心も共にハッピーにすることを目的に活動しています。人、動物などの境なく、感謝、愛、思いやりの心を芽生えさせるきっかけを作り、平和な世界を築く1人でありたいと思います。

五行が語るココロとカラダ(無料)

この診断では、選んだ色から、
今のあなたのココロとカラダの傾向と対策
をアドバイス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください