回想録に良く登場するレーザー鍼。

とにかくよく使いました。

「コールドレーザー」と聞いており、

このタイプだと思います・・・▼

半導体レーザー

低出力、血行や細胞の活性化を促進、傷痕、腫れ、炎症、痛み、かゆみの治療に有効です

最初に聞いた時は、電気メスのイメージがあり、

バチバチいうのかな?と思いましたが、

実際は、何も感じないほど、わずかな波動(波動としか表現できませんが)がありました。

画像を探したのですが、初代の機械は25年以上前のもので、画像がありませんでした。

こちらのわんちゃんの後ろにあるのが、2代目コールドレーザーです。

血流が良くなるので、リラックスをして受けている子がほとんどでした。

・腰、膝、背骨、関節などの痛み
・耳の炎症(鍼灸治療ではないです)

に、よく使っていました。

 

かおり
かおり

実際に、子供達のねん挫、テニス肘の治療に使っていましたよー
痛み、炎症には効果があったみたい

 

 

高額な機械なので、家庭用ではないのですが、

小型犬に多いお悩みの膝蓋骨脱臼(パテラ)や、関節痛のある場合の

おうちでのケアの時に使いたいと思っていたら、


たまたまお話をした医師の方に、

レーザーポインター(会議等で使う)の出力が高いものが代用になる。
(残念なことに、日本では見かけない)
*ご自分のお子さんの、アトピー皮膚炎に使っている

との情報を頂き、こちらを見つけました。
(出力5 mW、波長 635 nM) 

痛みは止めは、常用したくないですからね。

こちらQパルスと言います。

使い方を守っていただきたいので、

ペット鍼灸セラピーの講座を受講されて、

ツボや東洋医学に理解のある方のみに、おススメしています。

☆オススメ!おうちでできる愛犬の鍼灸セラピー☆ 

いつでも・どこでも学べる愛犬のための鍼灸セラピーオンラインスクール

ローラー鍼、てい鍼、お灸での施術を学び、東洋医学で、愛犬の体調管理ができるようになります

☆ペットも人も東洋医学で元気に・イベントのお知らせ☆ 

12月15日(土)にゃんこまつり ハウスクエア横浜

イベントのお問い合わせ mail@pet89.jp 

(一社)ペット鍼灸セラピー協会代表理事
鍼灸師

1989年より、動物病院にて獣医療に従事。2006年鍼灸師の国家資格取得後、ペットの鍼灸治療の研究を開始。臨床の中で、ペットにとって、ペットオーナーさんが、治療家の一番手でなくてはならないことを痛感。2015年7月一般社団法人ペット鍼灸セラピー協会を設立。獣医師、ペットオーナー指導、ペット鍼灸セラピスト、講師を育成を開始。人、動物などの境なく、鍼灸を通して、感謝、愛、思いやりの心を芽生えさせるきっかけを作り、平和な世界を築く1人でありたいと思います。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+