猫の鍼灸治療 猫にパルス?? ケース10 

かおり
かおり

2011年9〜11月
熊本の竜之介動物病院で鍼灸治療をした事があるのです

 

ケース10 猫の下半身麻痺にパルス

動物病院に下半身麻痺の猫さんがいました。

どうして下半身麻痺なのかは、わかりませんでした。
(保護した時からそうなのかもしれません)

下肢麻痺だから、パルスをしてみようと言う事になりました。

鍼を刺した位置

①腎兪から関元兪
②環跳から崑論

 

パルス(鍼通電)
こちらの記事もあわせてご覧ください


パルスをする時、鍼を深く刺す必要があります。
ですが、麻痺があると筋肉が薄くなっていて、深く刺す事ができません。

浅く刺すと、パルスの振動で鍼が抜けてしまいます。
そのようなときは、鍼と皮毛をクリップ(電流が流れてくる)を一緒に挟んで止めます。

ですが、プルプルされ、見事に瞬時にはずれました・・・

数回トライしたのですが、
その度にぷるぷるっとされて抜けてしましました。

もともと猫に鍼を刺すのは、怖がりなこと、皮膚がのびることがあり、
難しいのですが、さらにパルスは難しいと痛感しました。

この子の場合、通常の刺鍼は受けてくれました。
ですが、この場合の麻痺は長い期間施術が必要です。

もし、この子がうちの子だったら?

 

①てい鍼で足の指の間を刺激

②ローラー鍼で頭をコロコロ

③下半身の血流の悪さから膀胱炎にならないように、腰にお灸

五行が語るココロとカラダ(無料)

この診断では、選んだ色から、
今のあなたのココロとカラダの傾向と対策
をアドバイス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください