犬の鍼灸治療 腰痛治療を応用 ケース13 

ケース13 腰痛治療を応用

ミニチュアダックスが一番多かったのですが、

腰が痛いみたいです

と鍼灸治療を希望されるケースが一番でした。

検査を進めながら、または椎間板ヘルニア(腰椎)ではないかと診断されてからなど、段階は様々でした。

初めて相談された時は、もちろんペットの腰痛や椎間板ヘルニアの鍼灸治療の教科書などはありませんから、

何をどうしていいかわからず、鍼灸師だから、なにか知らない??みたいな状況で相談されました。

dummy
かおり

うーん、人の腰痛治療をする時、どうするか??

 

そこで、取り入れたのが、骨盤調整をしていく方法です。


初期の頃の腰痛やヘルニア治療は、整形外科的な鍼灸治療の方針でした。

単純な腰痛や、グレード2〜3のヘルニアは、この方法で改善できました。
(画像の鍼の位置は骨盤調整だけではありません)

骨盤の動きを良くするだけで、改善されるケースは、人の場合と同じです。

 

dummy
かおり

実は、私が腰痛持ちで、知り合いの鍼灸師に治療をしてもらうこともあったので
それも参考になりました


こうして、思考錯誤をし、臨床を重ね、独自の椎間板ヘルニアの治療法を考えていきました。


おうちでペットに何かしてあげたい時、自分ならどうして欲しいか、そう考えるオーナーさんは多いと思います。

よく、ペットの病氣の治療を受ける時に、これでよかったか?と悩む事がありますが、自分ならどうして欲しいかを基準に選んだものなら、ペットは受け入れてくれます。

そんな時、自分の経験が生きてくるのですよね。

ペットに鍼灸治療をと考えるのであれば、ぜひご自分も受けてみると良いです。

おうちで一緒にお灸をしてみるなど、できそうな一歩からぜひに。

少し話が飛びましたが、人への鍼灸治療からヒントを得たペットへの腰痛治療、その後、股関節形成不全やシニアの歩行の助けにも応用していくことになりました。

東洋医学的ドッグヒーリング 初めの一歩メールレッスン

鍼やお灸がなくても、すぐできるシンプルで東洋医学的なドッグヒーリング。
まずは、無料メールレッスンでお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください