かおり
かおり

 

鍼灸が好きすぎて、リラックスサロンだと思われた事もあったよ

 

ケース14 足の長さが変わった

当時8歳、チョコラブのワインちゃん。

跛行が酷く、鍼灸治療を希望されました。

簡単な検査をしても、後肢の左右さが3センチ以上あり、それにより跛行がみられました。

左右差がでた原因(先天性股関節形成不全、外傷など)は、かかりつけの動物病院にて、検査。

詳しくはわからないとのこと。

鍼灸治療が大好きらしく、歩き方がだいぶ良くなったあとも、

元氣になるからと、ずっと通っていました。

主な鍼灸治療の内容

レーザー鍼(身体全体)、鍼、パルス、たまにお灸
治療期間3年程度、当初は週2回くらい、経過がよかったので、徐々に間隔をあけ、最終的には月1回

回想

ペットオーナー夫妻も、鍼灸治療が好きだとのことでした。

お子様がいらっしゃらないとの事で、娘のようにかわいがられていました。

車で来院されるときは、助手席にワインちゃんが座っていて、遠目でみるとほんとに家族3人いるようでした。

レトリバーの中でも、ラブラドールは鍼灸が大好きなようで、全く怖がらずに、大人しく治療を受けます。

そのなかでも、ワインちゃんはダントツでした。

鍼を打つ間は、しっかりと見張っていて、パルスが始まると、横になってイビキをかいて寝ていました。

通常は、両側一度に通電しますが、どんなに工夫しても、片側ずつしか施術をさせてくれなく、わざとではないかとみんなで笑ったものです。

 

dummy
かおり

鍼を刺している時のチェックの眼差しはきびしかったよねー

ワインちゃんがあまりにもリラックスするので、オーナーさんもいつもリラックス。

たまにお父さんは、一緒に寝てました。

わんちゃん自慢でいつも盛り上がって、とても楽しい時間でした。

動物病院で盛り上がる時って、めったにないですよね。

鍼灸の時間は、周りの人も安らげるのです。

治療を終えて

最終的に、足の長さの左右差はほぼなくなりました。
歩き方も軽くなり、長い時間歩けるようになりました。

ただ、期間中、ご家庭の事情で数ヶ月来院できない時期があり、
その時は、症状が戻ってしまう事がありました。

鍼灸治療は、硬さをほぐしたり、氣血の流れを良くする事が目的ですので、
回数が減ったとしても、続ける事が必要なケースです。

こういう時、おうちでできるといいですね。

このケース、おうちでできる鍼灸は??

・ローラー鍼
→身体全体や硬さが見られる部分にローラー鍼をして、リラックスや硬さをほぐします。
それだけで、足の長さに変化がでることもあります。

・お灸
→季節によりお灸を追加します。偏りによる筋肉への血流、氣血の流れを整えます。

・てい鍼
→股関節のツボをてい鍼で刺激し、股関節の動きを改善します

☆オススメ!おうちでできる愛犬の鍼灸セラピー☆ 

いつでも・どこでも学べる愛犬のための鍼灸セラピーオンラインスクール

ローラー鍼、てい鍼、お灸での施術を学び、東洋医学で、愛犬の体調管理ができるようになります

☆ペットも人も東洋医学で元気に・イベントのお知らせ☆ 

12月15日(土)にゃんこまつり ハウスクエア横浜

イベントのお問い合わせ mail@pet89.jp 

(一社)ペット鍼灸セラピー協会代表理事
鍼灸師

1989年より、動物病院にて獣医療に従事。2006年鍼灸師の国家資格取得後、ペットの鍼灸治療の研究を開始。臨床の中で、ペットにとって、ペットオーナーさんが、治療家の一番手でなくてはならないことを痛感。2015年7月一般社団法人ペット鍼灸セラピー協会を設立。獣医師、ペットオーナー指導、ペット鍼灸セラピスト、講師を育成を開始。人、動物などの境なく、鍼灸を通して、感謝、愛、思いやりの心を芽生えさせるきっかけを作り、平和な世界を築く1人でありたいと思います。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+