犬の鍼灸治療 ウソつき? ケース24

かおり
かおり

歩けなかったワンちゃんが、歩けるようになったので、
飼い主さんがお友達にウソつき呼ばわりされたって、ややこしい話

 

ケース24 脊椎変形

シニアのワンちゃん、ルウちゃん。

脊椎変形で、背骨が曲がってしまい、
後ろ足を前に投げ出したように座ることしかできません。

歩けない、思うように寝転がれない。

それが、鍼灸治療で、歩けるようになりました。

ほんとのルウちゃんは、もっと女の子らしいお顔でした

主な鍼灸治療の内容

レーザー鍼(身体全体)
鍼(脊椎の変形している部分、腎兪、膀胱兪、尾の反応点)
お灸

回想

ルウちゃんのオーナーさんは、ご自身も鍼灸治療が好き。

体調が悪いと鍼灸治療に通うそう。

なので、ルウちゃんが歩けなくなり、動物病院に行き、治らないと言われた後、鍼灸治療をすることに、迷いはなかったそうです。

毎日、治療をした甲斐があって、

一か月もしないうちに、数本歩けるようになりました。

”骨が治ったの?”

”いやいや、骨は治らないですよ。

氣が通ったのです。”

”なるほどねー。”

 

さらには、公園まで抱いていけば、

土や草の上なら、短い時間であれば歩ける、自力排泄できるようになりました。

もちろん、転びもしますが、

自力で歩行、排泄ができるようになるって、素晴らしいことです。

 

オーナーさんは、お友達に

るうちゃんが歩けなくなった事を話したそうですが、

お友達が会いに来てくれた頃には、歩いていたので、

 

”ウソつき呼ばわりされてるの”

 

って、嬉しそうでした。


治療をしているころに、東日本大震災が起きて、
ルウちゃんのお家は液状化の被害に遭って、治療はしばらく中断。

平常に戻り、また再開した時でも、ひどく悪化することなく、なんとか歩いていました。

その後、高齢であったために、今は神さまの許で、走り回っているはずです。

 

このケース、おうちでできることは?

お灸

→身体が固まっているので、気血の巡りを良くします。

てい鍼 または指でつまんで刺激

→尻尾、指の根元、爪をつまむ

 

 

(一社)ペット鍼灸セラピー協会代表理事
鍼灸師

1989年より、動物病院にて獣医療に従事。2006年鍼灸師の国家資格取得後、ペットの鍼灸治療の研究を開始。臨床の中で、ペットにとって、ペットオーナーさんが、治療家の一番手でなくてはならないことを痛感。2015年7月一般社団法人ペット鍼灸セラピー協会を設立。獣医師、ペットオーナー指導、ペット鍼灸セラピスト、講師を育成を開始。
ペットへの東洋医学でのセラピーを通して、オーナーさんの心も共にハッピーにすることを目的に活動しています。人、動物などの境なく、感謝、愛、思いやりの心を芽生えさせるきっかけを作り、平和な世界を築く1人でありたいと思います。

ペットオーナーさんのためのセラピー

ペットだけではなく、オーナーさんのココロとカラダのケアも必要!
そんな思いから、生き方応援の学びとセッションを提供しています。
アロマセラピー、小顔、耳ツボ、薬膳茶など、いろいろ企画しています。