五臓の捉え方

東京墨田区に、鍼灸に所縁のある神社があります。

江島杉山神社

日本鍼灸を確立させた江戸時代の鍼灸師 杉山和一。
その縁の地。

☆ご祭神
市杵島比売命(弁財天)
杉山和一総検校

 


そちらで東洋医学の講座 灸法臨床研究会 に参加しました。

五行、五臓を教科書ベースで勉強しても、
わかるようなわからないような。

わかるような。。。というのは、
教科書を丸暗記するから、試験ではできるというのが正しいのかもしれません。

今回は、古典や臨床から、講師の先生の独特な考え方でしたが、

私も、一部『そう!』と思っていた事があったので、

とーっても腑に落ちました。

サイトなどを見て、とてもわかりやすい五行、五臓の説明の記載があります。

でも、それ、物足りないのです。

色体表といって、五行に関係する表があります。

 

例えば、木:肝・胆、青、春、爪、酸味・・・・

肝は、血を管理している

だから、肝が弱って、血が巡らないと

爪がもろくなり・・・

は、わかるのですが、

だけど、なぜ『酸味?』だったのです。
(漢方や薬膳を学ばれている方は、わかると思います)

その意味をお話いただきました。

 

学ぶ事、楽しくてしょうがないです。

でも、教えて頂いた事は、アウトプットするべきですよね。

せっかく素晴らしいチャンスがあり、勉強できたのですから、

みなさんに還元しますね。

まず、協会のセラピスト、講師の勉強会から。

(一社)ペット鍼灸セラピー協会代表理事
鍼灸師

1989年より、動物病院にて獣医療に従事。2006年鍼灸師の国家資格取得後、ペットの鍼灸治療の研究を開始。臨床の中で、ペットにとって、ペットオーナーさんが、治療家の一番手でなくてはならないことを痛感。2015年7月一般社団法人ペット鍼灸セラピー協会を設立。獣医師、ペットオーナー指導、ペット鍼灸セラピスト、講師を育成を開始。
ペットへの東洋医学でのセラピーを通して、オーナーさんの心も共にハッピーにすることを目的に活動しています。人、動物などの境なく、感謝、愛、思いやりの心を芽生えさせるきっかけを作り、平和な世界を築く1人でありたいと思います。

五行が語るココロとカラダ(無料)

この診断では、選んだ色から、
今のあなたのココロとカラダの傾向と対策
をアドバイス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください