精油とツボの選び方

鍼灸の世界に入る前は、アロマセラピストでした。

アロマを学んで、約20年になります。

 

アロマセラピストの資格を取る時に、

アロマセラピーで使う精油について、日々学ぶわけですが、

嫌いな香りも嗅ぐんですよね。

その辛いこと。。。

氣が滅入るのです。


 

でも、嫌いな精油の薬理作用を見ると、体調に必要だったりするのです。

それ、納得いかない時もありました。

 

ペットのケア=オーナーさんのケア

 

動物病院で、ペットのオーナーさんに頼まれ、

ラベンダーを入れたオイルで、犬のマッサージをした事があります。

とても、リラックスをして氣持ち良さそうなのですが、
下痢をするとのことでした。

 

でも、またお願いされるんです。

でもでも、下痢をするので、やめることにしました。

(というより、動物に精油でのマッサージ、不要と思っています)

オーナーさんは、とても残念がっていましたけど。

鍼灸の世界に入り、感覚やエネルギー(氣)について、さらに注目するようになり、

あの時の事は、オーナーさんにラベンダーが必要だったのだと思うようになりました。

 

ペットのケア=オーナーさんのケア

やっぱり、大事ですよね?

 

精油とツボの選択は似てる


話は戻って。

精油もエネルギーだから、相性や直感で選んだほうがいいです。

私はそうします。

ツボを選択するのと同じ感覚でもいいと思いますよ。

そうすると、嗅覚が大事になるのですが、

嗅覚は、感情や本能を支配する大脳辺縁系と直接つながっているので、

思考が入らないのですよね。

ストレートに感情に働きかけてくれます。

東洋医学では、臓腑と感情は、密接ですから、

精油も活用できますね。

ただし、ペットへの活用は慎重に。

(一社)ペット鍼灸セラピー協会代表理事
鍼灸師

1989年より、動物病院にて獣医療に従事。2006年鍼灸師の国家資格取得後、ペットの鍼灸治療の研究を開始。臨床の中で、ペットにとって、ペットオーナーさんが、治療家の一番手でなくてはならないことを痛感。2015年7月一般社団法人ペット鍼灸セラピー協会を設立。獣医師、ペットオーナー指導、ペット鍼灸セラピスト、講師を育成を開始。
ペットへの東洋医学でのセラピーを通して、オーナーさんの心も共にハッピーにすることを目的に活動しています。人、動物などの境なく、感謝、愛、思いやりの心を芽生えさせるきっかけを作り、平和な世界を築く1人でありたいと思います。

東洋医学が身近になるメールマガジン

痛みの緩和、冷えの解消、心と身体のバランスケア
そして、病氣の予防まで。
ここ最近、注目されている東洋医学、鍼やお灸がとても身近に感じられるヒントやお話を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください