全身ローラー鍼で、病氣にならない理由とは?

ローラー鍼をお持ちですか?

私が持っている中で一番古いローラー鍼は、ゴールド(メッキ)のローラー鍼なのですが、

もう10年くらいになるかな。

今も、よく使います。


別にゴールドだから効くとかじゃないですけど、
(でも、イベントではみなさん氣になる様です)

よく使うので、ローラーの動きがスムーズです。

小児鍼の中のローラー鍼

ローラー鍼というのは、小児鍼の一つです。

小児鍼って、以前はなかなか教えてもらえなかったそうですよ。

門外不出の秘伝だったわけですね。

それでも、私が教えてもらえたのは、2人の先生からで、

使う鍼も違うものです。

ただ、どちらにも共通しているのは、触るか触らないか程度の優しい鍼でした。

小児鍼の効果は、疳の虫やおねしょ・・・と、よく言われてます。

ローラー鍼の肺への働きかけ 


小児鍼は、全身に優しい刺激をして、

皮膚への刺激で氣を整えるのですが、

皮膚は、五臓の肺が管理しています。

肺は、体表にある衛氣(えき・身体を外邪から衛る)を散布しています。

そんな関係で、

鍼の刺激で皮膚を強くする

衛氣(防衛機能)を高める

氣が整い(肺の機能)、ココロもカラダも、健全で強い子になる


衛氣(防衛機能)を高める

氣が整い(肺の機能)、ココロもカラダも健全で強い子になる

のだろうなと。

まとめ


以前に、泣き出すと、ものすごく大声になり、

全く泣き止まない赤ちゃんに、小児鍼をしたら、

本当にものすごく泣かれました。

30分くらい、驚くほどの声で。


OMG・・・汗・・・汗・・・

でも、その後、ママさんから連絡が来て、それ以来、その泣き方をしなくなったと。


ものすごく感謝されました。


氣が整うってものすごく素晴らしい事なんですよね。

だから、ローラー鍼を使ってみて欲しいのです。

動物たちにローラー鍼をしてみると、ほとんどの子がリラックスしてくれます。

それを見て、嬉しくなるんですが、

で、なんなの?病氣が治るの??

って、思ったことはないですか?


今回は、ローラー鍼が五蔵の肺にどのように働くかをお話ししました。

ローラー鍼で全身を擦ると、皮膚が強くなり、防衛力が高まる = 病氣になりにくくなる

見える効果だけが、病氣を治すのではないですよね。

お手元にローラー鍼がある方は、さっそくコロコロしてあげてくださいね。





(一社)ペット鍼灸セラピー協会代表理事
鍼灸師

1989年より、動物病院にて獣医療に従事。2006年鍼灸師の国家資格取得後、ペットの鍼灸治療の研究を開始。臨床の中で、ペットにとって、ペットオーナーさんが、治療家の一番手でなくてはならないことを痛感。2015年7月一般社団法人ペット鍼灸セラピー協会を設立。獣医師、ペットオーナー指導、ペット鍼灸セラピスト、講師を育成を開始。
ペットへの東洋医学でのセラピーを通して、オーナーさんの心も共にハッピーにすることを目的に活動しています。人、動物などの境なく、感謝、愛、思いやりの心を芽生えさせるきっかけを作り、平和な世界を築く1人でありたいと思います。

愛犬のための鍼灸セラピーオンラインスクール

施術の練習をする度に、愛犬が元氣になる。
さまざまな症状に対する東洋医学での施術が学べるオンラインスクールです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください