頭を使う

先週から、パートナー犬のアレックス(ラブラドール13才10ヶ月)、

ちょこちょこ体調が悪くなります。


最近の検査でわかったことは、

  • 甲状腺ホルモン値 ほぼ0
  • 腎機能、肝機能数値が悪い(高い)

です。


甲状腺ホルモンは、甲状腺だけではなく、

脳下垂体から出る甲状腺刺激ホルモン(TSH)も多いに関係しているので、

シニアで、機能低下ですから、「腎の弱り」

東洋医学的にケアをしていく時は、

体幹にある腎に関するツボや経絡

頭にある脳の反射区も使います。

 

そして、先日。

今度は、眼振が起き、グラグラで立てず。

夜だったので、獣医師に連絡をしつつ、

脳の反射区に鍼をしてみたら、なんと数時間でスクッと立ち上がりました。

今は、少し右に傾いているものの、ほぼ普通の生活です。


夜で、急だったので、これしか思いつかなかったのですが、

思いの他の鍼の効果に、自分でもびっくり。



脳の反射区は、脳の機能正常化を目的として使いますが、

脳は年相応にどうしても衰える部分があるわけで、

そこを使ってケアをしても、急に若返り、ピンピンするわけではありません。


でも、自然の法則では、日々衰えて行くのだから、

やはり日々のケアが必要なんですよね。


最近、私を追い回し氣味のアレックス。

不調が起きる前に、不安を知らせているのかも。


命があるものの衰えや死から逃れることはできないけれど、

知らせてくれている時は、本人もまだ生きたいということ。

特になるべく病院や薬に頼りたくない時は、

普段からよく向き合うことが大事。



さて、頭の鍼。

家庭でのケアでは、鍼を刺すことは難しいですよね。

その代わりに、頭を撫でる代わりに、ローラー鍼でとか。

ちょっと強い刺激をしっかりとしたい場合は、てい鍼とか。

そんな感じでいかがでしょう。

家庭で本格的にこんな感じでできます↓

最後までお読みいただきありがとうございます。

エリ
エリ

メルマガでは、ブログより早く、今回のような情報をお伝えしていま〜す。

メルマガ登録は ↓
https://www.reservestock.jp/subscribe/99996


(一社)ペット鍼灸セラピー協会代表理事
鍼灸師

1989年より、動物病院にて獣医療に従事。2006年鍼灸師の国家資格取得後、ペットの鍼灸治療の研究を開始。臨床の中で、ペットにとって、ペットオーナーさんが、治療家の一番手でなくてはならないことを痛感。2015年7月一般社団法人ペット鍼灸セラピー協会を設立。獣医師、ペットオーナー指導、ペット鍼灸セラピスト、講師を育成を開始。
ペットへの東洋医学でのセラピーを通して、オーナーさんの心も共にハッピーにすることを目的に活動しています。人、動物などの境なく、感謝、愛、思いやりの心を芽生えさせるきっかけを作り、平和な世界を築く1人でありたいと思います。

東洋医学的ドッグケアスクール

東洋医学的にドッグケアをオンラインで学びます。
4つのコースをご用意しました。

・ローラー鍼コース
・入門コース
・総合コース
・毎月少しずつ学ぶコース

健康や東洋医学的な概念、鍼とお灸を取り入れた様々な施術法を身に付けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください