ペットに、鍼灸を受けさせたい理由はなんですか?

東洋医学や鍼灸に興味のある愛犬・愛猫家の方々に、こんなしつもんをしてみました。

お返事は・・・

アレックス
アレックス

・手術をしたくない
・薬を減らしたい、やめたい
・年を取ったら、強い刺激の治療より、カラダに優しい医療的な治療にしたい
・西洋医学では何もできないと言われたから、東洋医学に期待したい
・困ったときは鍼灸
・何もできないのは、自分が辛い

皆さんのお返事の根底にある想いは、

何もできないことが辛いから、東洋医学に期待したい

そうですよね。

弱っていくのに何もできず、ただ見ているだけって、愛犬・愛猫家にとっては拷問です。

健康の概念

東洋医学の健康に対する考え方は、

自然の摂理を尊重して、日々を丁寧に生きる
その積み重ねこそが、ココロ・カラダ・タマシイの健康

それを実行するのが、養生

養生とは、生を養うこと。

・心も体も人生も、愉しむ
・食べ物を与えて、長生きする
などの意味もあります。

生きている限り、常に養生が必要ということ。

何か起きてから、年を取ってから、ではなく、今すぐ

今すぐであれば、専門的な治療の東洋医学ではなく、癒し(セラピー・ヒーリング)の東洋医学が適しています。

癒しの東洋医学、鍼やお灸って?

優しい鍼や、ほんわかお灸、指圧、氣功で、自律神経を整えて、生命力UP

東洋医学的ドッグヒーリング 初めの一歩メールレッスン

鍼やお灸がなくても、すぐできるシンプルで東洋医学的なドッグヒーリング。
まずは、無料メールレッスンでお試しください。