MENU

ペット鍼灸セラピーとは?

世界三大伝統医学の1つである東洋医学(中医学)をベースとしています。

ツボ、または体全体に、刺さない鍼(こする、押す、当てる)、お灸で心地のよい刺激を与え、氣血津液を整えます。

リラックス効果が高く、心を落ち着かせ神経の興奮を鎮静化(痛みの軽減)させます。
また、内分泌、自律神経を整え、免疫機能を強化します。

ペットの心と身体のバランスを取り戻す施術です。

また、家庭で施術することで、ペットとオーナーの心と身体を癒し、健全を保ちます。

私たちの想い

ペットが幸せでいることは、同時にそのオーナーも幸せである事が前提です。

どんなにペットを愛していても、一緒に暮らすオーナーの心に曇りがあれば、
それは自然と伝わり、小さな心を傷めています。

心と身体は密接な関係にあるので、何かの症状で、気づきのサインをだしていることでしょう。

私たちに提供できることは、東洋医学をベースとしたセラピー(刺さない鍼・お灸)です。

東洋医学でのセラピーを通して、ペットと一緒にハッピーに暮らす人を応援しています。

ペット鍼灸セラピー協会で学ぶメリット

◆動物病院での約10年に及ぶペット鍼灸治療の研究より、実際の臨床で効果のあったものを基にセラピーに応用しています

◆人への鍼灸治療の経験を活かした東洋医学をお伝えしています

体験〜本格的なセラピーまで、目的にあったコースをお選びいただけます

◆パソコン、スマホなどで、ネット環境があれば、いつでもどこでも学ぶ事ができます

◆認定資格取得後も、勉強会で知識の積み重ね、疑問点の解決、情報交換ができます(認定講座のみ)

獣医さんもオススメ!

〜獣医師の目から見たペット鍼灸セラピーのすすめ〜

滋賀県で、往診専門でペットの鍼灸治療をしている獣医師の山路と言います。

私とペット鍼灸セラピーの出会いは、ある方を通じて蛇場美先生を紹介していただいたことから始まりました。

鍼灸師である蛇場美先生は、動物病院と連携してペットの鍼灸治療に長年携わってきた経験から、動物病院での治療だけでなく家庭で飼い主さんがペットのケアをすることの重要性を実感されたそうです。

それが、「刺さない鍼やお灸などの鍼灸の手技を活用したペットのケア」の考案につながったのです。

ペット鍼灸セラピーのよさは、第一に「誰にでも手軽にできること」です。

基本的なことを学ぶだけで誰にでもペットのケアができるようになります。

第二のよさは、「ペットの健康管理にとても効果がある」ことです。

ローラー鍼もお灸も続けることで、その手軽さからは信じられないぐらいペットの状態が変わります。

東洋医学は学び始めるととても奥が深いのですが、基本的な考え方はとてもシンプルです。体のバランスを保ち、自ら治ろうとする力を高めます。

鍼灸師として、またペットの鍼灸治療の研究者として、知識や技術、経験の豊富な蛇場見先生のアドバイスはシンプルですが的確です。

ぜひ、一人でも多くの飼い主さんにペット鍼灸セラピーのよさ、楽しさを知っていただきたいと思います。

ペット鍼灸セラピー体験

鍼やお灸がなくても、鍼灸セラピーなら簡単。
自宅にあるもので、シンプルに鍼灸セラピーを体験できます。
冷えの解消、リラックスに。
まずは、無料メールレッスンでお試しください。