別のレッスンで説明した、氣(エネルギー)は、

【腎】というカラダのエリアに納まっています。

氣は生命を継続させるために、活動的である必要があります。

死んでいるカラダと生きているカラダの違いの1つに、

「温かさ」ってありますよね?


生きている=氣が活動的であるには、さらに温かいことが必要なのです。



生きるために必要な氣は、【腎】に納まっている。

【腎】は、体幹の腰から下にあります。

なので、腰を温めることって、大事なのです。

じゃあ、さっそく。

用意するもの

温パック または代用品
*代用品:ホットタオルをビニール(ジッパー付きのものでも良い)に入れる

注意点


・熱さの確認
・痛みの確認
 急性の痛みには使用しない

施術

5〜20分、1日数回(朝・昼・寝る前など)
毎日する事ができる

腎を温めて、期待できること

  • 冷えの解消
    痛みは冷えから、冷えは万病の元
  • 氣血を巡らせ、活性化
  • 膀胱の血流を良くし、排尿しやすくする
  • 後肢の血流を良くする
  • 不安の解消
  • 軟便、下痢、便秘の改善

人の場合は、おへその下も温めると良いです。

愛犬と一緒に温まりながら、愛と感謝のエネルギーボールでナデナデしてもいいですよね。

さらにお試しする

東洋医学的ドッグヒーリング入門 申し込み

東洋医学が身近になるメールマガジン

痛みの緩和、冷えの解消、心と身体のバランスケア
そして、病氣の予防まで。
ここ最近、注目されている東洋医学、鍼やお灸がとても身近に感じられるヒントやお話を配信しています。