生命の泉が湧くと言われる指圧。

これは、やってもらうのが一番氣持ちいい。

ぜひ覚えて、家族や友人にシェアしてやってもらいましょう。笑


じゃあ、さっそく。


指圧とマッサージの違い


そういえば、ペットマッサージ、よく聞きますよね。
とても氣持ち良さそうですよねー。


マッサージと指圧には、こんな違いがあります。

⭐️マッサージ

末端から体幹(心臓)に向かう求心性の手技で、揉み擦る
主に、血流の改善を目的とする。


⭐️指圧

体幹(心臓)から末端に向かう遠心性の手技で、圧して離す。
深部まで浸透させ効果を得る。

 
どちらがいいかは、オーナーさんやペットの好きなようにしたら良い!

と思うのですが、

ここでは、深部まで刺激を入れ効果を得ることに注目してみましょう。

施術

指圧をする場所は、背骨の横。
(画像の赤いライン)

ここには、膀胱経という経絡が巡っていて、

背骨と背骨の間の両側に1つずつ、
臓腑に対応するツボがあります。

肺兪、心兪、肝兪、胆兪、脾兪、胃兪、腎兪、大腸兪、小腸兪、膀胱兪・・・
(間にいくつかツボがあります)

背骨と背骨の間を少しずつずらせば、大丈夫。

基本、遠心性なので、上から下の方向に。
そして膀胱経の流れも、同じです。

ゆっくり
3つ数えながら、押す
3つ数えながら、離す(少し早く離しても良い)

少し下にずらして、押す、離すを繰り返す
一カ所を3回ずつ指圧して下へすすむ または、1回ずつ指圧を3セットでもよい

 参考動画(音声なし 1分程度)

注意点

・強さの好みはそれぞれですが、しっかりと押す
(自分の身体で感覚を練習してみてください)

・背骨付近に外傷、デキモノがある場合は、その部分を避ける
(自分もそういうところを触られるのいやだよね??)

・初めの1、2回は、背中がビクビクっとしたり、驚いたような表情を見せることもありますが、
 声をかけたり、強さを調節しながら、続けてみる

・怒ったり、逃げるそぶりがみられたら、やめる
 




「指圧の心は母心、押せば命の泉湧く」
指圧療法創始者 浪越 徳次郎さんのセリフ

って、ありましたよね?

ちょっと大人は知っている??

唱えながら行えば、自然と笑顔になりそうですよね。

さらにお試しする

東洋医学的ドッグヒーリング入門 申し込み

東洋医学が身近になるメールマガジン

痛みの緩和、冷えの解消、心と身体のバランスケア
そして、病氣の予防まで。
ここ最近、注目されている東洋医学、鍼やお灸がとても身近に感じられるヒントやお話を配信しています。